【ラスクラ】月光の効果【検証】

Last Cloudia

以前から気になっていた「月光」の効果を検証してみます。



月光

HPが最大の時にINTが上がる。(ゲーム内スキル説明より)

検証すること

月光のINT上昇効果はおそらく掛け算だとは思いますが、その効果量が何%なのか?どのパラメーターに掛かってくるのか?を検証します。

月光の効果量

まぁこれはご存じの方も多いと思いますが、ねんのため。

ロビンで検証します。装備・スキル・アークのINT上昇効果を除いた素のINT値は686です。

月光をセットして戦闘開始します。ステータスを確認。

月光の効果により、686 ⇒ 823 ( +137 ) に上昇しています。

 

計算すると、

 

( 823 – 686 ) ÷ 686 × 100 = 19.97

 

月光はINT+20%の効果のようです。なお、小数点以下は切り捨てられています。

 

アークのステータス上昇

アークを装備するとステータスが上がります。その上昇分は月光の効果があるのかどうか。

 

ようするに、(素のステータス×1.2)+ アーク上昇分 or (素のステータス + アーク上昇分)× 1.2 のどちらなのかを確かめます。

 

ロビンにソーサラーエデンを装備させます。非戦闘時のINTは 686 + 236 = 922 です。

戦闘時

INTは 922 ⇒ 1106 ( +184 ) に上昇しています。

素の状態の上昇量が +137 だったので、アークによるステータス上昇値にも積算されています

ステータスアップ技能

ステータスアップ技能とは、ここではMPアップや魔力アップ等のことを言います。

 

まず、ロビンに「魔力アップ極 ( INT+15% ) 」を装備します。INTは788 ( +102 )となりました。

戦闘開始

INTは788 ⇒ 945 ( +157 ) に上昇しました。素の状態では +137 でしたので、魔力アップ分のINT値にも効果があります

念のため検算を書いておきますが

157 – 137 = 20

魔力アップ極 = 15% = 686 × 0.15 = 102.9 ⇒ 102.9 × 0.20 = 20.58 ( 小数点以下切り捨て )

 

個人的にこれは意外な結果です。

装備によるINT上昇

装備によって上昇したINT値には月光の効果がのるのか。

ロビンにアブソルの杖を装備します。魔力アップ極は外してます。

INTは852になりました。

戦闘開始

INTは852 ⇒ 1022 ( +170 ) となりました。装備によって上昇したINT値にも効果があるようです。

バフ

ここではバフとは、オーラやブレイブなどの外部要因で上昇するステータス効果とします。

検証ではファストオーラを使います。効果はオーラと同じでINT +20%です。

ロビンの武器は外しています。

戦闘開始

素のINT686 ⇒ 960 ( +274 )となりました。

素のINT686に対し、INT+20%の効果はINT137の上昇になっていましたが、これが2つ ( 137 + 137 = 274 ) 発動しています。

つまりオーラのINT+20%月光のINT+20%が足され、INT+40%の効果として発動していることになります。

前項までの検証は係数に係数が掛かっていましたが、ここだけ違うようです。謎采配です。

 

どちらもバフだというのなら、他ゲーだと片方が上書きされるのが常なのですが、ラスクラは不思議な調整ですね。

 

まとめ

  • 月光はほかのステータス上昇効果を上書きしないし、上書きされない。
  • 月光やオーラなどの係数が積算されるのは、パーティ編成時に確認できるステータス。
  • 戦闘中に発動するステータス上昇効果(バフ)は重複する。その際の計算は係数同士の和算が先に行われる。

コメントを残す