【FF14】タンクの極意〜中級編〜

前回の初級編では、PTプレイにおいてタンクが役割を遂行するために必要な最低限の情報をご紹介しました。

今回は中級編として、PTを組んだプレイヤーから「このタンクとまたプレイしたい」「MIPを入れたい」と思われるようなタンクになるためのテクニックをご紹介します。



敵は進行方向奥に向ける

RPGと言えば、敵の集団と自身のPTが正面から向かい合って戦う構図をイメージしますが、FF14はそうではありません。頻繁に敵から前方範囲攻撃がくるためです。

前方範囲攻撃はターゲットされているプレイヤー(タンク)にくることが多いので、タンクと他のPTメンバーがかたまって立っているとPTメンバーが巻き添えを喰らいます

そのため、タンクとPTメンバーは別れて位置取る必要があります。進行方向奥にタンクが移動するのが最もスムーズで、他のPTメンバーは進行方向手前から敵の集団に近づき、そのまま戦闘を開始するだけで良くなります。

ここまで読んで違和感を感じる方もいるかもしれませんが、やっていれば慣れるので大丈夫です。タンク以外は全員で敵のお尻を叩くのがFF14なのです。(一部例外有り)

ファムフリート

敵の向きを変えない

これは主に近接DPSに配慮した立ち回りです。DPSには敵の背面や側面など、特定の方向から使用することで威力が上昇したり、追加効果が発生するものがあります。

そのため、ターゲットされているタンクが頻繁に移動すると、敵の向きが変わってしまいDPSの方向指定が失敗することがあります。敵の方向は一度決まったらなるべく向きを変えさせないようにしましょう。

しかし、どうしても移動をしなければいけない場面はあります。例えば敵が使用する範囲攻撃時です。

画像のように地面がオレンジ色になっているところは「ここに攻撃がくるぞ」という予兆です。これを回避するためにタンクは敵の側面や背面に移動し、攻撃を回避しますよね。重要なのはその後の動きです

攻撃が終わった後そのまま側面や背面に立っていると、敵が方向転換をしてタンクの方を向きます。これでは近接DPSが方向指定を失敗することがあります。敵の向きを変えさせないために、攻撃が終わったらすぐに元の位置(敵の正面)に戻りましょう。敵の範囲攻撃の後には若干の硬直があるので、その間に正面へ移動できれば敵が方向転換をすることは無くなります。

敵の攻撃を中断させよう

敵の技は中断させられるものがあり、中断に成功すると技を不発にできます

中断の手段は、ロウブロウやシールドバッシュの追加効果「スタン」、インターセプトの追加効果「沈黙」、ナイトのシールドスワイプの追加効果「WS使用不可」です。沈黙は魔法詠唱のみ中断させることができます。

次の画像のように、敵の技が発動する前にゲージが現れることがあります。この時に適切な中断行動を取ると、敵の技を中断させることができます。ただし、「WS使用不可」についてはゲージが満タンになるタイミングで効果が付与されている必要があります。

状態異常の多くは使用すると敵に耐性が付き、何度も使用しているとレジスト(抵抗)されます。耐性は3段階あり、徐々に効果が減って3段階目では効果が無くなります。「スタン」の場合は「6秒→3秒→1秒→無効」というように効果がレジストされます。敵についた耐性は約1分で解除されるので、耐性解除後は再び状態異常を付与することができるようになります。

ただし「沈黙」に関しては例外で、付与することで耐性が付くことはありません(PvPを除く)。

被ダメージを抑えよう

タンクには防御バフが多く備わっていますが、ただ防御スキルを押しているだけでは十分ではありません。状態異常やHP吸収など防御バフ以外のスキルでも、有効に使うことでさらに硬いタンクになることができます。

スタン

敵の詠唱中断はもちろんですが、スタンは最大6秒間行動を止めることができます。防御バフだけでは手に負えないときに使うことで、一時的に敵の攻撃を止め、被ダメを抑えることができます。

ナイトはシールドバッシュにもスタン効果があるので、敵にばら撒くとさらに被ダメを抑えることができます。

暗闇

ナイトと暗黒騎士は暗闇を付与することができます。ナイトはフラッシュ、暗黒騎士はダークアーツ後のパッセンジャーです。暗闇を付与すると敵の命中率が下がり攻撃が当たりづらくなるので、被ダメを抑えることができます。

リプライザル

タンクのロールアクション「リプライザル」は、効果中(5秒)に対象が発動する攻撃のダメージを軽減することができます。タンクへの強攻撃にはもちろん、DPSやヒーラーにも被害が及ぶ全体範囲攻撃に合わせて使いましょう。

敵のHPを吸収

戦士と暗黒騎士は敵のHPを吸収する技を習得します。戦士はシュトルムヴィント・原初の魂・スチールサイクロン、暗黒騎士はソウルイーター・ダークアーツ後のアビサルドレインです。スチールサイクロンとアビサルドレインは範囲攻撃なので、複数の敵に囲まれているときは特に有効です。

HPが減っているときはこれらを有効に活用しましょう。

適切なヘイト管理をしよう

ヘイトを稼いでターゲットを逸らさないのはタンクとして当然ですが、ここでは8人PT等でタンクが複数いる場合の「ターゲット交代」について解説します。

MTがターゲットを持っている敵に対して、STが挑発することでMTからターゲットを奪い、交代することができます。しかし、挑発だけではSTのヘイトはMTのヘイト+1までしか上昇しないため、このままではMTがバフを使ったりオートアタックをするだけでターゲットを奪い返されてしまいます

それを回避するために、STは挑発後にヘイトコンボをいれましょう。また、MTはSTの挑発後にシャークを使うことで、MTのヘイトを一部STに譲渡することができます。シャークを適切に使うことができればSTがヘイトコンボを使わなくて良くなるので、代わりに火力コンボを使えるようになります。

他のロールをプレイしてみよう

他のロールの気持ちを知りたければ、実際に自分でやってみるのが確実です。とは言え、タンクがメインジョブであればまずはカンストを目指したいと思うので、他のロールをプレイするのは余裕があればで大丈夫です。

他のロールをプレイする場合の個人的おすすめは、DPSなら忍者ヒーラーなら学者です。

忍者はコンボやだまし討ちに方向指定があり、さらにヘイト管理や設置型攻撃などタンクの立ち回り次第でより有効に使える技を多く習得します。「だまし討ちをしようとしたら敵が回転して失敗した」「設置型の土遁を使ったのに敵が範囲から出てしまった」ということがよくあるので、自分がタンクだったらどうすればいいか考える機会が多くあります。

ヒーラーに関してはどれでもいいのですが、強いておすすめを挙げるならということで学者としています。これはバリアヒーラーである学者は敵の攻撃をある程度予測・暗記する必要がありこの経験がタンクをするときに役立つこと、またタンクの不必要な移動・立ち回りによって不発する技があるためです。さらにヒーラーを経験すると、タンクが攻撃を受け切れなくなる境界線を見極め安くなるので、無駄な防御バフや自己ヒールを減らすことができます。


以上、タンクの極意【中級編】でした。

ここまでできれば世間的にはイケメンタンクですが、次回はさらにマニアックなタンクの知識を【上級編】と題してご紹介します。

コメントを残す