Web日記、はじめました。【ブタ野郎ね】

決してブログのネタが尽きたというわけではないのですが!この度、web日記を始めようと思い立ちました。

普段の記事はなるべく読みやすく、読者に有益な情報を提供することを心がけて書いてきたつもりなのですが、たまにはゆるいスタンスで書き連ねたいと思ったのがきっかけです。

ジャンルはゲーム・アニメなどのサブカル系、PC・周辺機器、便利グッズの紹介、映画の感想など多岐に渡ると思います。基本的には個人的に面白いと思ったことを日記のように書きますが、せっかく記事にするならばと誰かの役に立つものにしたいので、読みやすさや情報の質には気を配ろうと思います。

と、前置きはこのくらいにしておいて、第一回目は「最近観た、おすすめアニメ」についてです。




涙無しでは観られない「青ブタ」

「青豚」の画像検索結果

原作は「青春ブタ野郎」シリーズと呼ばれるライトノベルで、TVアニメ版は「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」というタイトルで放送されました。通称「青ブタ」

原作は2014年から刊行されており、すでに漫画版にもなっているので、知っている人は知っている作品でしょう。

私が青ブタを知ったのは、Amazonプライム特典のプライムビデオがきっかけでした。プライムビデオでの視聴方法については後述します。

ネタバレは控えたいので、内容についての詳細はここでは割愛しますが、とにかく感動するストーリーです。電車の中で涙を堪えきれなかったよ…!

個人的には西尾維新の「化物語」シリーズが好きな人は楽しめるんじゃないかなと思います。

「青豚」の画像検索結果

オススメポイントは「麻衣さんのツンデレ」です。麻衣さん(桜島麻衣)は主人公咲太の先輩であり、知的なお姉さん系ツンデレです。もちろん他にも魅力的なキャラクターはいますし、様々な属性を取り揃えていて、その辺りは抜かりないです()

「青豚」の画像検索結果

現在アニメは1クールのみとなっており、2019年6月15日には映画の公開が予定されています。タイトルは「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」で、アニメ版の続きのストーリーと思われます。

感想

「青豚」の画像検索結果

私は原作を読んでおらず、アニメだけ観ました。1クール観終わった感想は「優しい人間になりたい

まだ観ていない方は「何を言っているんだこいつは」と思うかもしれません。しかしこれはもはやある種の哲学なんですよ…!

アニメは昔はよく観ていましたが、ここ数年はほとんど観ておらず、久しぶりに観たのは 転スラ くらいのものでした。あれはあれで面白いですが、正直個人的には青ブタの方が好みでした。

「青豚」の画像検索結果

登場人物のほとんどが高校生にしては妙に大人っぽいのですが、観ているうちに慣れてきますし、それぞれの過去の掘り下げもされるので「そういうことね」と納得させられます。

ネットでの評判を見ていると「常にテンションが低いのが苦手」という方もいるので、好き嫌いは分かれるのかもしれません。要所での緩急は確かに少ない気もしましたが、その分全体で見たときの盛り上がりの頂点がすごいです。その頂点を迎えたとき、私は電車に乗っているにも関わらず涙腺を持って行かれました朝の通勤ラッシュでの出来事です。

画像加工もできる「公式サイト」が面白い

リンク:青ブタ公式サイト

公式サイトは映画版とアニメ版の両方を兼ねているのですが、このアニメ版のページに画像を作れるコンテンツがあります。

それが「麻衣のポスターメーカー」というコンテンツです。アニメのシーンをベースに、タイトルロゴや好きなテキストを入れることができ、完成した画像はダウンロードすることができます。

こんな感じの待ち受けが作れます。

元々はこれを使って公式でポスターのキャッチコピーコンテストが行われていたようです。過去の優秀作品には映画ポスターさながらの力作が揃っているので、見ているだけでも面白いです。

余談

冒頭でも少し触れましたが、私はこの作品をAmazon Prime特典のPrime Videoで知り、そこで1クール見ました。

Prime VideoとはAmazon Prime(2019年4月現在年会費:4900円)の特典で、Prime会員であれば映画やアニメなどが見放題というサービスです。そこでこの「青ブタ」を知ったのですが、Prime Videoでは1話しか見ることができません

残りの12話はPrime Videoで連携できる「dアニメストア for Prime Video」から見ることができます。連携から1ヶ月であれば月額が無料です。ただし、1ヶ月が経つと自動でdアニメストアの月額料金が発生するので、継続を希望しない場合は手動で登録解除を忘れないようにしましょう。


以上、第一回目web日記でした。よろしければトップページをブックマーク等して、引き続きお付き合いいただければ幸いです!

コメントを残す