【スマブラSP】本当に強いFPを育成する!FPのスピリッツ継承をリセットして育成しなおしてみた

早期購入特典のパックンフラワーを受け取り損ねたフィギュアトレーナーです。
1月31日までにスマブラ購入分のNintendoポイントを受け取っておかないといけなかったようですね…失念していました。

先日の記事で人間を超えるFPを育成することが一応できました。一応です。
内容はこちらの記事をご確認ください。
【スマブラSP】FPでFPを育成してみた

この記事を見てだれもが思ったことでしょう。私も思いました。
FPにスピリッツを食べさせたら不公平では?と。

今回はタイトルにもある通り、今まで育てたFPを育てなおします。そしてFPの純粋な学習能力は人間を超えることができるのかを改めて検証します。



スピリッツを食べさせるとどうなる?

私自身がFPと戦うときにはあまり気になりませんでした。しかし最近、FP同士でも対戦をさせることが増えてきて思うのが、FP同士の対戦ではスピリッツを食べさせたほうが圧倒的に勝率が高いのです。

多くの場合、FPは1対1の練習用に育てると思います。オンライン対戦等の1対1の対人戦に向けた練習用ということです。
ということはですよ、想定している対戦相手はスピリッツなんて食べていませんよね。
それなのにスピリッツを食べたFPを相手に練習を積んでも、本番では環境が変わってしまいます。スピリッツを食べたFPとの練習では、実力ではなくスピリッツによるステータスのパワープレイで押し切られるということが発生するわけです。

異なるファイター同士の戦いでは一撃の重さにはもちろん差がありますが、これは機動性やふっとばされやすさ等を総合的に見たときに公平になるよう調整されています。とくにスマブラSPはインターネットに繋ぐと定期的にアップデートが行われ、ファイター同士のパワーバランスが常に調整されています。つまり、最も公平なのはスピリッツを食べさせていない素の状態だといえるでしょう。

FPをリセットする

まずはこれまで育てたFPをリセットします。
今回育てなおすのは、過去の記事にも登場しているインクリングの「Lame」と「alter」です。

2体の育成記事はこちらです。
Lame【スマブラSP】初めてのFP育成
alter【スマブラSP】FPでFPを育成してみた
スピリッツを食べさせてしまった経緯【スマブラSP】検証!FPとFPを戦わせ続けるとどうなる?

育成状況をリセットする方法は何かあるのかもしませんが、よくわからなかったのでスプラトゥーン2に呼び出してデータを上書きすることでリセットしました。
名前もちゃんと残っていました。

育成方法

いつも通り、まずはレベルを50まで上げます。その後はFP同士で数戦戦わせて戦術を学習させます。
最後に戦術の学習⇔対人戦を交互に行い、学習の結果を確認します。
その間、すべての対戦は1対1のストック制で行います。ストック数は育成と検証で適宜変更します。

育成

Phase1.レベル上げ 第1ラウンド

今回は2体同時の育成なので、手っ取り早くいきたいと思います。
ストックを99に設定し、FP同士で戦わせます。

対戦開始

開始から5分ほど経ったところで、早くも反省点です。
お互いに弱すぎてレベルが上がるのが遅い
また、FPは対戦終了時のリザルト画面で大量の経験値を獲得するので、もっと短時間の対戦で区切ればよかったです。ストック99は逆に効率が下がっています

まぁ始めてしまったものは仕方ない。対戦するのは私ではないので頑張ってね。

ストックが73まで減ったところで経過観察。まだレベル20だと…?
対戦時間はすでに30分は超えています。昨日の魔王たくや(ネス)育成だともっとレベルが上がっていたような…

対戦終了。レベルはLameが41、alterが45まで上がりました。この差はなんだろう?

対戦時間はカンストしていますが、実際には3時間経過しています。

Phase2.レベル上げ 第2ラウンド

レベル50まではストック99もいらなさそうなので、ストック30に減らします。

戦闘開始

すると開始早々、ある異変に気づきます。


二人ともスマッシュ連打してるじゃないか!どうしてこうなった…!
とりあえずレベル上げを済まして、戦術は後で矯正しましょう。

ちょっとレベルが足りないのでもう1セット

これでレベルはカンストしました。

途中経過

レベルが50になったので、次は戦術の学習です。
レベル50までの過程で学習した戦術があまりにもひどかったので、先にCPと戦わせて基本的な戦術を学習させておきました。
CP戦はストック5を3セットずつ行いました。

そしてこの時点での各FPのステータスを確認してみます。

Lame

alter

Lameの性格が「トリッキー」、alterは「クール」となっています。
また、CP戦では負けることはなかったのですが、リセットする前と比較して崖際での復帰阻止をあまりしなくなりました。撃墜のコンボがカラぶることもよくあるので、おそらくこの時点ではリセット前と比較して弱いです。

Phase3.戦術の学習 第1ラウンド

ここからはFP同士を対戦させて、さらに戦術を学習させます。こうすることでレベル9CPを上回る戦術を学習することができます。
学習は実践形式に近いストック3ルールを3戦行います。最後に勝利したFPを、より有意義な学習したものとみなし、次の検証に進出させます。

3戦目

結果は2対1でLameの勝ち越しです。また、最後に勝利したLameは次の検証ステージへ進んでもらいます。

検証1回目

検証は対人戦で行います。
え?また検証が中断するんじゃないかって?確かに以前の検証では検体3(私)が世界戦力90万とあまりの弱さのために検証が途中で終わってしまったことは認めましょう…(詳細はこちら

教えてあげましょう…学習・成長するのは人工知能AIだけじゃないってことをね!!

世界戦闘力が90万⇒220万に上がっております。

それにあのときはFPがスピリッツを食べていたのです。この対等な条件になった今、検体3は数時間前にリニューアルしたFPなぞに後れをとるはずがなかろう!有意義な検証結果をお見せしますよ…!

ルールはストック3で3戦し、勝ち越したほうの勝利とします。
また、FPの学習機能についてはONにしておきます。前述のとおり、崖際の攻防等CPやFPとの対戦ではあまり学習できていない部分が見受けられるため、ここで学習をさせようという魂胆です。

Lameの対人戦1戦目

2戦目

3戦目

おやおやぁ…?2対1でLameの勝ち越しですね…
ちょっと手加減しすぎたなぁ(

Phase4.戦術の学習 第2ラウンド

学習を再開します。以降は学習と検証の繰り返しで学習結果を確認していきます。

3戦目

結果は3対0でalterの勝利です。

検証2回目

続けてalterの対人戦です。
1戦目

2戦目

3戦目

結果は2対1で人間(私)の勝利です。
1回目の検証では私の動きが悪かったのもあるかもしれませんが、この結果からは1回目と比較して有意義な学習をしているとは言い難いです。
実際に対戦した感想としても、特に1戦目はかなり攻撃が当たりやすかった印象です。スプラローラーを多用する傾向があるので、確実に回避してカウンターを叩き込み、スキが多いことを学習させようと試みました。こういうことしてるからスリルずきとかいうカウンターマンに育つんでしょうね

Phase5.戦術の学習 第3ラウンド

3回目の学習です。

3戦目

結果はまたしても3対0でalterの勝利です。
心なしかalterのスプラローラー頻度が下がった気がします。相変わらずローラーを多用するLameにカウンターをかましていたので、ちゃんと学習してくれたのかもしれません。

検証3回目

1戦目

2戦目

3戦目

結果は3対0で人間(私)の勝利でした。
Lame戦を見る限り、学習そのものはしているようでした。しかし残念ながらこの結果から言えることは、先ほどと比べて成長はしていないということです。

FPにおいては必ずしも学習=成長とはならないのでしょう。

総評です。

総評

今回の検証では残念ながら、FPは人間を超えることはできませんでした。
以前の検証ではすでにFPはスピリッツを食べてステータスが上がった状態だったため、ステータスの差が検証に大きく影響していたと考えられます。

やはりFPの学習能力には上限があるようです。どのような制約が設けられているかは公にされていませんが、ある程度予想はつきます。
FPには性格があり、学習した行動パターンの内容によってこの性格が分類されます。このときに学習する行動パターンの数にはおそらく上限が設けられています。理由として考えられるのは、行動パターンを無限に学習すると性格の分類があいまいになるためです。つまり、新しい行動パターンを学習すると古い行動パターンを破棄する、というのが私の予想です。

以前に私が予想したFPの制約の1つに、ある行動Aから次の行動Bに移行するまでの間には一定の時間が必要、というものがあります。これはおそらく、FPのレベルが上がるごとに徐々に短縮されていきます。最終的にFPのレベルが50に達したときは、人間の操作と遜色ないほどの時間にまで短縮されています。
もし、この行動Aから行動Bの間の間隔がレベル50以降も何らかの条件で際限なく短縮されていくものだったとすると、FPは際限なく、文字通り無限に成長していくことができたでしょう。しかし実際には、人間の反射神経で追えるほどの間隔にまでしか短縮されないため、今回の検証のように人間を超えることができなかった、というのが私の結論です。

ただ、学習できる戦術の内容はレベル9のCPを凌駕します。これに加えてスピリッツを食べさせれば、練習としての対戦相手に不足はありません。格闘ゲームで強くなるということは、簡潔に言うと「相手の攻撃に当たらず、自分の攻撃を当てる」ということがどれだけできるかです。FPをスピリッツで強化しステータスを上げることは、強いプレイヤーであるための条件を満たすことの難易度を上げてくれます。

別の記事でも紹介しましたが、スピリッツを食べたFPは非常に強いです。FPの学習能力だけでは限界はあるもののCPよりははるかに強く、さらにスピリッツを食べさせることで、心強い練習相手を手軽に準備できる手段といえるでしょう。

コメントを残す