【金策】パッチ4.5おすすめ金策まとめ

2019年1月7日にパッチ4.5が公開されました。

メインクエストやクロニクルクエスト、ドマ式麻雀、青魔道士等新コンテンツが満載でしたが、様々なアイテムも追加されています。

パッチ4.5にて追加されたアイテムの中から、金策ネタを紹介します。

古ぼけた地図G10

地図の報酬には、今回も新たな素材やミニオンが追加されています。

撥水綿布(おしゃれ装備素材)

新たに追加されたおしゃれ装備「レインコートシリーズ」の素材として、撥水綿布が地図G10からドロップします。

レインコート参考画像

実装された部位は頭・胴・足の3か所です。また、チョコボ装甲の材料にもなっています。

比較的ドロップ率は良いです。地図を8枚使って平均して1~2枚、運が良ければそれ以上ドロップします。

ヘッジホッグ

ミニオン:ヘッジホッグが追加されました。こちらも地図G10からのドロップです。

lodestoneに入手した方が画像をアップしていますので確認できます。かわいい…!

ヘッジホッグは撥水綿布よりもドロップ率が低く設定されていると思われます。地図G10を20枚使った程度ではドロップしませんでした。

そのドロップ率の低さから、マーケットボードでは数百万と高額で取引されています。パッチ4.5の一攫千金枠と言って差し支えないでしょう。

蛮神ドロップ

こちらは恒例となってきましたが、今回はドロップアイテムが新たに追加された蛮神がいます。

女神の宝玉片

極女神ソフィア討滅戦にてドロップします。パッチ4.5にて、この宝玉片を材料とするゴッデスシリーズ(武器)が実装されたため、値上がりしました。

ニーズヘッグの鱗ほどではありませんが、高値で取引されています。

アクアリウムレイアウト:ムーンライト

極ツクヨミ討滅戦にてドロップします。
エオルゼアデータベース:アクアリウムレイアウト:ムーンライト

制限解除でクリアすると、一度に4個ドロップしたとの報告もあります。ただ、現在はTwitterなどでこの情報が拡散されたので、値段が下がるのは時間の問題だと思われます。

在庫を抱えている方は早めに売ってしまいましょう。

今後値上がりが予想されるもの

今回はちょっとネタが少なかったのでおまけ編。

今は安値で取引されているものが、のちのアップデートにて値段が跳ね上がることはよくあります。
直近ではパッチ4.5xでエウレカ:ヒュダトス編の実装が予定されているため、未鑑定ロゴスシャードが値上がる可能性があります。

未鑑定ロゴスシャードは複数種類があり、種類によって値段もピンキリです。どの在庫を確保するかは財布との相談と、ヒュダトス編でのロゴスシャード事情を予想して決めましょう。

予想例

相場に影響を与える問題としてまず考えられるのが、未鑑定ロゴスシャードの入手経路に変更があるかどうかです。
未鑑定ロゴスシャードの入手方法に変更がない場合、ヒュダトス編が実装されるとすべてのシャードが値上がりすることが予想されます。というのも、エウレカの新エリアが実装されると多くのプレイヤーはレベル上げから始めるため、レベル上げの過程で行うFATEではシャードが入手できないということになるのです。
そもそもヒュダトス編では未鑑定ロゴスシャードはドロップせず、ピューロスから取ってこい!という事態になる可能性も捨てきれません…

ただし、エレメンタルをリフレクの反射のみで倒すリフレク狩りが健在していれば、エレメンタルがドロップするシャードは値上がらないかもしれません。ピューロス編では新鋭・熟練・支援・妨害がエレメンタルからドロップしていました。
しかしながらそうなると、リフレクの材料となる熟練・治癒・支援の未鑑定ロゴスシャードは需要が高まる可能性もあります。いずれも値段は下がりきっているので、自分で使う用も含めて購入しておくとよいかもしれません。

逆に、現段階で比較的高値を維持している攻勢の在庫を抱えるには、若干リスクがあると考えます。

理由の1つは、次期エウレカにてより強力な攻撃系アクションが実装される可能性があるためです。新しい攻撃系アクションを作るために攻撃・斥候が必要とは限らないというのもありますが、ピューロス編で入手方法がかなり偏っていたので、そもそもの攻勢・斥候の入手経路が変わる、またはそれに代わるものが実装される可能性が高いのではないか、というのが私個人の予想です。ご参考までに。

もう1つの理由として、DC内テレポの実装が控えていることがあります。DCテレポが実装されると、すべてのアイテムの相場がDC内で均一化することが予想されます。現状の攻勢・斥候は比較的値段が高く、このアイテム相場均一化の影響で現在よりも値段が下がる可能性があるのではないかと考えます。他の種類の未鑑定ロゴスシャードは既に底値ですので、万が一のことがあっても損は大きくならずリスクが低いといえます。

いずれにしても攻勢の需要が高まるとすれば、新要素であるパブリックダンジョン(エウレカのエンドコンテンツ?)の仕様が判明してからになると思います。在庫を買い込むのであればこまめにマーケットボードを覗いて、値段がより安いタイミングを狙いましょう。

 


以上、パッチ4.5の金策ネタでした。

コメントを残す