【スマブラSP】初めてのFP育成

スマブラSP発売されましたね!
私は買うかどうか、結構ぎりぎりまで迷ってましたが、スプラトゥーンのインクリングが参戦するということでイカちゃん使いたさに買いました。

とりあえず勝ち抜きと大乱闘で隠しキャラを何人か出し、スピリッツがどんなものか試し、無線LANながらもオンライン対戦に潜り込んでみたり(遅延のひどさに今は有線にしました)、とひとしきり遊びました。

さて、あとは何があるかなとメニュー画面を徘徊していると、Amiiboなるメニューを発見。



FPを召喚してみる


説明を見てみると、どうやらAIを育成してAmiiboにFigure Player(FP)として保存できるらしい。

前作のForでもこのシステムは存在しましたが、当時はAmiiboを持っていなかったのでFP育成は遊んだことがありませんでした。

…ふと机の上を見てみると、Amiiboがいるではありませんか。

スプラトゥーン2で使ってたやつなのですが、試しに右スティックにかざしてみると…

イカちゃんがでてきました!

スマブラ用に販売されているものではありませんが、どうやら互換性があるようです。
互換性がなかったとしても、Amiiboをかざすことでスピリッツを入手することはできるみたいですね。

名前を付けられるようなので、スプラトゥーン2のときに付けていた名前「Lame」をそのまま使います。
いい子に育つんだよLameちゃん。

FPの育成方法

育成方法は2つあり、「育てる」「大乱闘」が選べます。

育てる

スピリッツをFPに食べさせて、スピリッツの性能をFPに引き継ぐことができます。
ステータスと性格(戦術)に影響するようです。

大乱闘

FPと対戦することで、レベルを上げたり戦術を学習させることができます。
レベルの上限は50とのこと。
とりあえず大乱闘で育成してみることにします。

初めてのFP育成

FPはレベルを上げることができるので、まずは大乱闘でレベル上げ。

レベル以外の成長要素として戦術の学習も行うようです。まぁレベル上げをしていたら戦術も学習してくれるでしょう。ひたすらバトルします。

育成方針としては1対1に強くなってほしいので、バトルはすべて1対1で行うことに。
レベル9のCPと対戦させることでも成長するようですが、試しに私が相手になってみると、レベルが上がるたびに私の戦術を学習していく様子が面白かったので、結局ほとんど私が相手をしてレベルを50まで上げました。
対戦キャラクターとしては、戦い方を見せる目的と私の練習も兼ねてインクリング、あとはたまに他のキャラクターでも相手をしました。

レベル50のFP

Amiiboメニュー画面でRを押すと、FPのステータスを見ることができます。

おや…?何か書いてあります。

「スリルずき」

よくわかりませんが、Lameちゃんはスリル好きに育った模様です。

デビュー戦

とりあえず成長ぶりを見せてもらうために、レベル9のCPと対戦させてみることに。

ルールはストック3の1対1、ステージは終点です。

結果は惨敗でした。

何か育て方を間違えたかしら…

何が間違っていたのか

いろいろ調べてみると、FPはレベル50になった後も戦術を学習するようです。
私がインクリングの操作に慣れていないために、もしかしたら教えた戦術が間違っていたのかもしれません。戦術を矯正する方法を考えましょう。

まずはインクリングの戦い方を知る必要があります。
CPなら模範的な戦術を使うはずなので、しばらくCPと対戦させてその様子を見てみることにしました。すると、あることに気が付きます

「あれ…Lameちゃん全然攻撃してなくね?」

もしかしてと思い、一旦CP戦を終了。私との対人戦に切り替え、いろいろと試してみてわかりました。

どうやらLameちゃんは、相手の攻撃を回避してからの華麗な反撃を試みるカウンター特化型に育っていました。

スリル好きってそういうことね…

FPが学習した戦術

Lameちゃんが取っていた戦術としては、相手が近づいてくると、まず回避行動を取ります。相手が攻撃してくるかどうかは関係ありません。1にも2にも回避です。背後からのカウンターを狙っているようで、ひたすらの回避行動で相手の攻撃が空振りするまで避けまくります。こちらから攻撃を仕掛けない限りはLameちゃんから攻撃してくることはほとんどありませんでした。

ちなみにスネークの遠隔攻撃でつついてみると、Lameちゃんは強引に距離を詰めてきて近接攻撃を打たざるを得ない状況を作り、是が非でもカウンターを決めるべく相手の攻撃空振りを誘発させようとしてきます。

Lameちゃんに学習されて気づきましたが、思えば私も回避行動で相手の様子を見ることが多い気がします。私がそんな 汚い戦術 超慎重派な戦術 を取っていたからマネしたのでしょう。

しかしインクリングは、ダメージ上昇効果のあるインクで相手を塗り、インクが付いた相手を攻撃することで有利に戦えるようになるキャラクターです。LameちゃんをCPと戦わせている間にググりました。

私は育成中にこのことを知らなかったため、お互い塗らない同士の対戦ではいい勝負をしていましたが、インクで相手を塗るCP戦になったとたん不利になっていた、ということのようです。

現状の絶対カウンター決めるマン戦法はインクリングには適さない戦術なので、どうにか再学習をさせます。

戦術の再学習

まずはインクリングの基礎戦術を学習させるため、レベル9CPのインクリングと何度か戦わせます。ストック30を2セット行ったあたりでスプラシューターやボムを使ったインクでの塗りをするようになりました。過度な回避行動もなくなっています。

元々接近戦やスプラローラーからのバーストコンボ、スシメテオ等は学習させていたおかげか、思っていたよりも短時間でCPに勝てるようになりました。

CPと戦わせるだけではCPよりも少し強い程度までしか成長しないので、ここからは私が対戦相手となります。CPのインクリングは吹き飛ばしからの追撃と崖際での復帰阻止をあまりしないようなので、そこの戦術を学習させると良さそう。

FPのAIは学習速度が速いようで、ストック3で3戦程戦い鍛えると、レベル9CPには安定して勝つことができるようになりました

この段階まで来ると、気づいた注意点があります。
腕試しでCPと対戦させると、自分より弱い相手の戦術でも学習してしまうようです。学習機能をONにしたままCPと連戦させると、徐々に勝率が下がっていくのです。

ある程度強化できたら、CPとの対戦時は学習機能をOFFにしたほうがよさそうです。
学習機能がONになっていたとしても、AmiiboにFPを戻さ無ければ、Amiiboに保存されているFPの学習状況は上書きされません。


以上、初めてのFP育成でした。

人工知能AIの育成自体が初めてでしたが、学習して成長する様子を見ているとなんだか愛着がわいてきます

Amiiboはもう1つあるので、次回はFPにFPを育成させてみたいと思います。

コメントを残す