【FF14】コンフィグデータのサーバーバックアップ機能とは?

FF14オフィシャルブログにて、コンフィグデータのサーバーバックアップ機能についての投稿がありました。
オフィシャルブログはこちら。

機能紹介もされていますが、投稿の意図を要約すると

「パッチ4.45β版をPC版に実装するので、お試し&フィードバックしてね!」
ただし!パッチ4.45時はあくまでβ(テスト)版なので、万が一コンフィグデータが消えてしまった場合は自己責任。
機能を利用する前にバックアップを取ってね。

ということのようです。
赤文字のところが注意です。

これまで新生FF14は正式サービス開始後、このようなβ版を実装することはありませんでしたので、この言い回しに釈然としない方もいるかもしれません。
今回はコンフィグバックアップ機能β版を利用する前に行っておきたい自己バックアップの取り方等を解説します。

コンフィグのサーバーバックアップ機能とは

先日のアップデート後、ログインサーバー画面でこのようなアイコンが出てきています。

パッチ4.45前は、このアイコンに赤い禁止マークのようなものが重なっており機能を利用することができませんでしたが、パッチ4.45以降は画像のようになります。
このアイコンからコンフィグデータのサーバーバックアップ機能を利用することができます。

コンフィグとは直訳すると設定で、ここではUI設定や登録したマクロ・ギアセット等を指します。これらの設定はPCやPS4等プラットフォーム側に保存されているため、ネットカフェ等の普段とは異なる端末から同じアカウントにログインすると、いつもプレイしている環境の設定は保持されず、設定は初期状態となります。

これまではネットカフェでプレイしたいときは、毎回わざわざ設定をし直すか、PCからコンフィグデータを取り出してネットカフェPCに移す必要がありました。パッチ4.45で実装されるバックアップ機能を使えば、PCに保存されているコンフィグデータをFF14のサーバーに預けることができるので、別の端末からでもサーバーから普段のコンフィグをダウンロードし、普段のコンフィグ・プレイ環境を再現することができるようになります。
コンフィグデータのバックアップ機能の使い方についてはオフィシャルブログをご参照ください。

バックアップをサーバーにアップロードした後、次のアップロードは23時間後以降に実行可能となります。
これはサーバーの過負荷を避けるためです。

ちなみになぜ24時間ではなく23時間なのかというところですが、これは毎日バックアップを取りたい方のためだと考えられます。
24時間だと毎日同じ時間にバックアップを取ろうとしても、取得時間が徐々に後ろにずれていってしまうためです。

βテストに協力するためには

パッチ4.45で実装されるのはあくまでβ版であり、開発側も可能な限り検証は行っているものの、実機環境での動作保証はされません。つまり最悪の場合コンフィグデータが消えてしまうこともありえます。

PLLでのP/D吉田氏の発言やオフィシャルブログにもある通り、テスト・フィードバックにご協力いただける場合は別途コンフィグのバックアップを取ることを推奨するとのことですので、β版機能を利用する前にまず自力でバックアップを取ることをお勧めします。
その上で不運にも不具合に見舞われた場合には、バックアップからコンフィグを復旧し、不具合の内容をフォーラム等で開発に報告しましょう。

自力でコンフィグデータのバックアップを取得する方法

β版機能を利用せず自力でコンフィグデータのバックアップを取得する方法を、ここでは便宜上手動バックアップと呼ぶことにします。
方法としては2通りあります。お好きな手段でバックアップを取得してください。

FFXIVランチャーからバックアップ取得

おすすめはこの方法です。
実はゲームを始める際に起動するランチャーには、既にコンフィグバックアップ機能が搭載されています。
ここから手動バックアップと、バックアップデータからの復旧を行うことができます。簡単ですね。

ちなみにバックアップデータからデータを復旧させることをリストアと呼びます。言えるとちょっとカッコイイIT用語的な。

PCのドキュメント配下のデータを直接コピー

やることとしては難しい内容ではないのですが、このタイトルでピンとこなければランチャーからの手動バックアップが安全かつ簡単なのでそちらを利用してください

一応やり方を解説します。
バックアップ及びリストアはゲームを起動していない状態で行ってください。

まずはコンフィグファイルが保存されている場所を見つけます。
私の環境ですとここにありました。

C:\Users\[ユーザー名]\Documents\My Games\FINAL FANTASY XIV – A Realm Reborn

Windows端末のフォルダ構成は基本的には上記の通りだと思いますが、インストールしたFF14パッケージによっては最後のフォルダ名は違うかもしれません。

上記フォルダの中身はこんな感じになっているはず。

FFXIV_CHR~から始まるフォルダの数は、キャラクターの数によって変わります。
downloadフォルダとscreenshotsフォルダ以外のファイルたちがサーバーバックアップの対象ファイルです。これを別の場所にコピーすることでバックアップは完了です。

リストアの手順は、一度元のファイルを削除してからバックアップデータをそのまま移してください。


サーバーバックアップ機能が実装されると便利ですね。

いち早く正式版がリリースされるためには有志の方々の協力が不可欠なので、我こそはという方はバックアップを取った上で機能を試してみてください。

コメントを残す