【FF14】パッチ4.4 おすすめ金策まとめ




パッチ直後の金策は市場の需要に素早く対応することが重要です。ですが、大型アップデート直後はメインクエストに極蛮神、零式に乗り込むあのお祭り状態が醍醐味ですね。パッチ4.4も3週目に差し掛かり、レイド攻略のために新式購入や禁断のマテリア装着、食事薬等でお財布が疲弊してきた方も多いのではないでしょうか。

今回は今からでも儲かる、パッチ4.4x時点での金策を紹介します。
※金策方法は普通公の場には晒さないものです。儲かるネタに人が殺到し、相場が崩れて儲からなくなるからです。そのため、この記事を公開した後に相場が崩れる可能性はあります。ですが、基本を押さえておけば大型アップデートが来る度にコンスタントにギルを稼ぐことはできるので、抑えるべきポイントと共に金策をご紹介します。

新式

偶数パッチ(〇.2n)ではエンドコンテンツ(零式)の実装と共に新式と呼ばれる装備軍が実装されます。新式は装備の入手制限があるパッチ直後において最も性能が高く、さらに禁断のマテリア装着ができるため、エンドコンテンツを早期に攻略したいプレイヤーに需要があります。最近のレイドは挑戦する人も増えてきているので、新式の需要もどんどん高まっています。

一口に新式で稼ぐといっても方法は様々です。自分のプレイスタイルやキャラクターの育成状況に応じて金策の方法を選びましょう。

ギャザラーで稼ぐ

新式を作るための素材の中にはギャザラーで採取する必要のあるアイテムがあります。

伝説素材

伝説素材というのはパッチ4.4時点での通称です。特定の時刻になると現れる採取ポイントで、ターゲット名が「伝説の~」から始まる名称のものから採取できる素材を指します。
パッチ4.4では5種類の素材が実装されました。これを掘って売りましょうという金策です。

時刻と場所が確認できるマクロとしてまとめたので活用ください。
/e ■伝説
/e 0時(3)岩鉄      ギラバニア辺境地帯(X27Y29)
/e 2時(4)延夏綿     ヤンサ (X28Y34)
/e 4時(6)ウルンダイ原木 ギラバニア山岳地帯 (X33Y10)
/e 8時(1)アジム湧水   アジムステップ (X24Y37)
/e 10時(6)常輝鉱    ギラバニア湖畔地帯 (X22Y13)

は文字化けしていますが、ゲーム内では石と若葉のアイコンになります。採掘と園芸の見分けです。
なお、2時に出現するものは14時といったように、ゲーム内時間で12時間後にも同じものが同じ場所で出現します。数が数なのですべて集めようとすると必然的に四六時中エオルゼア中を駆け回ることになります。これがET奴隷の由縁です。

精選素材

最近の新式の材料には、蒐集品として採取した素材を精選することで得られるアイテム軍が必ずと言っていいほど含まれています。パッチ4.4でいうところの黄昏の霊砂です。精選の運が絡むためか、値崩れがしづらく安定して儲かります。

クラフターで稼ぐ

新式を作る

集めた素材、もしくはマーケットボードで購入した材料を使って新式を作り、それを売るだけです。
とはいえアップデート直後においては最難関レシピであるため、装備を整えたり素材をHQで用意するなど少々敷居は高いです。ただ、1つ売れた時の利益が大きいのが魅力の金策です。

需要を見極めるのも重要で、バトルコンテンツへの理解もある程度必要です。

例えば新式の中で最も売れ行きが良いのはタンクのアクセサリーです。理由としては、他のロールと異なり、タンクのレイドアクセと新式アクセの間では火力に直結するメインステータスであるSTRの差が比較的小さく、禁断分を含めると火力面では新式が上回るためです。
つまり、タンクロールにおいては新式アクセは最終装備となるため需要が大きいのです。

需要を見極めるためのヒントはバトルコンテンツの調整次第ですが、ポイントとしてはより火力を伸ばせる装備かということと、最終装備になり得るかというところに目を向けてみると良いでしょう。

中間素材を作る

新式を作るための材料の中には、ギャザラーが集める素材を一次加工したものも含まれます。これを中間素材と呼び、インゴット系や木材系等が該当します。

当然新式程の利益は生み出せませんが、売る相手が同業のクラフターというところがポイントです。クラフターをする人の中にも色々いて、作成した新式を売る以外にも自分で使ったり、身内に譲ったりすることがあります。完成品である新式のみを売って金策をしていると、マーケットボード上の顧客を相手にはできますが、先述のマーケットボードから完成品を購入しないで新式を調達している人たちからギルを引き出すことは不可能です。ここに割って入ることのできる手段が中間素材による金策なのです。つまり、中間素材による金策は間接的にギルを引き出す相手が増えることになるので、非常に回転率が良いのです。これは在庫の売れ残りを避けやすくする意味もあるので、回転率を重視する方にはおすすめできる金策です。

バトルジョブで稼ぐ

新式を作るための材料の中には、アラガントームストーン(トークン)との交換で入手できるものがあります。他の記事でも紹介はしましたが、アップデート時に型落ちとなるトークンが対象となる場合がほとんどです。ギャザラーやクラフターが苦手な方でも、新式の素材を入手し売ることができる金策です。

最近はHQでなくとも新式の作成においては支障は少ないため、数を重視してNQを商材にするのも良いでしょう。

トレジャーハント(地図)

大型アップデートではトレジャーハントで入手できる新おしゃれ装備の材料が追加されることが多いです。これを売れば儲かるのは間違いないですが、加えてパッチ4.4では新ダンジョンも追加されました。このため、システムから引き出すことのできるギルも増えているため、パッチ後に市場が落ち着いた時期でも安定して多くのギルを稼ぐことができます。

その他

ここからは大型アップデートに隠れてライバルが少なくなった、抜け穴的な金策を紹介します。

ギャザラー・クラフター装備

パッチ4.3で実装されたIL340のギャザラー・クラフターの装備軍ですが、現在市場の中心が新式に移ったことで供給が足りない状況です。元々素材の入手に制限のあるものが多いのもあり、なかなか良い値段を維持しています。

新式の禁断をするためにクラフターを上げるといった人もいるので、ある程度の需要は今も常にあります。

エウレカのレアドロップ

パッチ4.36にて実装されたエウレカ専用装備で、特殊プロパティが付与された装備軍が今でも高値で取引されています。むしろこの時期は供給が減る一方で、サーバーによっては値上がりが発生しているのではないでしょうか。

難点としてはエウレカに行く人が少ないため、レアドロップをするNMがあまり沸かないことがあります。ですが、スピードベルトを落とすカニ程度であれば少人数で沸かすこともでき、人数に応じてNMは弱体するためレアドロップを狙うこと自体はそれほど難しくありません。

エウレカに行く人が少ないということは、レア装備の需要も少ないとも言えなくもないですが、いずれは後続のピューロス編で日の目を浴びることになると思われるので、いつかは売れます。おそらく。

ギャザクラマテリア

パッチ4.4で黄貨・赤貨の交換レートが下がったギャザクラのマテリジャ・ハイマテリジャですが、交換レートが下がったことによる相場の値下がりが発生するかと思いきや、交換レートの低さにしては高値を維持しています。

理由としては、これから新式を作りたいという人や、自分で禁断をするためにレベルを上げたからついでに、はたまた新式作成に必要なステータスの予想が外れた人の禁断しなおし等が考えられます。

パッチ4.4前は貨幣の交換レートのわりに値段・回転率が良くなかったですが、交換レートが下がりお得意様の報酬が調整された現状は稼ぎやすくなった金策です。

オーケストリオン譜

一部ダンジョン等でドロップするオーケストリオン譜の中で高騰しているものがあります。入手難易度が高くないものまで高騰しているので、具体的なアイテム名は挙げませんがマーケットボードで確認してみてください。
過去の零式等のレイドはもちろん、70IDでドロップする譜面も高騰しているものがあります。


以上、パッチ4.4後3週間経った今でも儲かる金策まとめでした。
過去にもいろんな金策記事を書いているので、良ければ参考にしていただければと思います。

コメントを残す