初心者におすすめなジョブ(クラス)はどれ?各ジョブの特徴を紹介!【FF14】




FF14にはジョブ(クラス)がたくさんあるので「どれにしたらいいのかわからない!」という方向けに、各ジョブの特徴と選び方のポイントを紹介します。

「クラス」と「ジョブ」

キャラクターを作るときに選べる職業は「クラス」のみです。冒険を進めると、各クラスに対応した「ジョブ」になることができ、各ジョブ専用アクションを習得することができるようになります。

ロール

各クラス・ジョブには「ロール(役割)」があります。
ロールは大きく分けて「タンク」「ヒーラー」「DPS」の3つです。

タンク


HPが高く防御力に優れ、パーティの要となる盾役。
敵の注意をひきつけたり、仲間を守ることに長ける。

ジョブ(クラス)

ナイト(剣術士)
戦士(斧術士)
暗黒騎士(対応クラス無し)

ヒーラー


魔法で傷ついた味方を回復する癒し手。
仲間が受けるダメージを軽減したり、状態異常の解除や蘇生も行える。

ジョブ(クラス)

白魔道士(幻術士)
学者(巴術士から派生)
占星術士(対応クラス無し)

DPS


Damage Per Seconds(1秒あたりのダメージ)の略称。攻撃力が高く、敵の体力を削るアタッカー。
ジョブの数が多いロールで、DPSの中でも特徴が大きく3つに分かれる。

近接物理DPS

敵に接近し、コンボを主軸に戦う近接アタッカー。
位置取りを工夫することで、強力な攻撃を繰り出すことができる。

ジョブ(クラス)

モンク(格闘士)
竜騎士(槍術士)
忍者(双剣士)
侍(対応クラス無し)

遠隔物理DPS

遠隔武器による攻撃を行うアタッカー。
継続的にダメージを与えることができ、仲間の支援にも長けている。

ジョブ(クラス)

吟遊詩人(弓術士)
機工士(対応クラス無し)

遠隔魔法DPS

魔法による攻撃を行うアタッカー。
魔法詠唱には移動制限を伴うが、瞬間的に高いダメージを与えることに長ける。

ジョブ(クラス)

黒魔導士(呪術士)
召喚士(巴術士)
赤魔道士(対応クラス無し)

※「対応クラス無し」のジョブは冒険を進めるとジョブ解放クエストを受注できるようになります。
ジョブ解放クエストをクリアするとそのジョブにジョブチェンジすることができるようになります。
また、忍者(双剣士)のみ特殊で、キャラクタークリエイト時点では選べないものの、双剣士ギルドのクラスチェンジクエストをクリアすることで双剣士を習得することができます。

ジョブを選ぶポイント

ジョブを選ぶにあたってはジョブの性能・コンテンツへの適正など様々な観点があります。
いくつかポイントを挙げるので、まずは「自分に合った選び方」を考えてみると良いでしょう。

ロールで選ぶ

ロールの項で先述した各ロールの特徴はあくまで公式サイトで定義されているものなので、実際にプレイしてみてからわかることもあります。

タンク


敵の注意を引き付けることが基本になるので、ダンジョン等では先陣を切って敵に突撃することが多いです。故に必然的にパーティの先導役となる場面が非常に多く、これが多くのプレイヤーには「責任重大」と感じられることが多いようです。そのため、初心者のジョブ選択肢からは1番最初に外れることが多いです。ですが、これがシステム的なメリットにもつながります。

ダンジョンに挑む場合の多くは4人または8人のパーティを組む必要があります。4人パーティの場合は「タンク1名/DPS2名/ヒーラー1名」がそろわないといけません。タンクは他のロールと比較して不足することが多いため、自身がタンクであればパーティを早く組みやすい、というメリットがあります。
メインストーリーを進めるには4人ダンジョンのクリアが必要な場面が多いので、サクサク進めたい人にはおすすめなロールです。

ヒーラー


基本的な役割はパーティメンバーのHPを回復させることです。ケアル等の単体回復、メディカ等の範囲回復を状況に応じて使い分け、敵の強力な攻撃の直前にはバリアを張る場面もあります。また、タンクへの回復が遅れタンクが死んでしまうと、ほかのロールでは敵の攻撃をほとんど受けきれないため、一瞬でパーティが崩壊することもあります。こういった意味ではなかなか責任のあるロールです。

多くのMMORPGではヒーラーはソロ性能が高く、FF14においても同様です。ただ、ソロを前提としたコンテンツではヒーラーじゃないと難しいという場面はほとんどないので、ソロ性能の高さが輝くことはあまりありません。「ディープダンジョン」というコンテンツではソロでのスコアランキングが集計されていますが、ディープダンジョンでは殲滅力も必要なため、DPSロールの赤魔道士には劣ります。

DPS


DPSは他のロールと比較すると1度のミスがパーティ崩壊になることはあまりないので、気軽にゲームを楽しみたい方にはおすすめです。ただし、タンクの説明にもありますがDPSは最も人口の多いロールなので、なかなかパーティが揃わず出発できないということがあります。


それぞれ多少のメリット・デメリットはあるため「結局どれがいいんだよ!」と言われそうですので、ロールの観点から個人的なおすすめも書いておきますと、ゲームが得意でMMO経験者なら「タンク」、ゲーム初心者&右も左もわからない!な人はヒーラーかDPSを選ぶと良いのではないでしょうか。

コンテンツへの「適正度」で選ぶ

ゲームを始めるとまずは「メインストーリー」を進めることになります。メインストーリーを終え、レベルがカンスト(MAXレベルへ到達すること)すると今度は高難易度の「エンドコンテンツ」で装備を整えることになります。FF14においてのこの「エンドコンテンツ」を実装早期に攻略するのであれば、それに適したジョブというのもあります。FF14開発の意図としては「適正ジョブの偏り」は無くしたいようですが、ジョブの個性を潰さないことを大前提としているため、悲しいことではありますが適正ジョブの偏りが多少出てしまっているのが現状です。(2018年7月現在)

ただ、エンドコンテンツはクリアしないとみられないストーリーがあるわけではないですし(一部例外はありましたが、そのコンテンツは過去のものなので簡単にクリアする方法が用意されています)、適性が低いジョブはエンドコンテンツは早期攻略できないということもありません。ここは好みの問題になるかと思いますので、読み飛ばしても問題ありません。

エンドコンテンツへの「適正」とは?

FF14のエンドコンテンツは「火力(ダメージ)を出してなんぼ」です。ロール構成(タンク2/ヒーラー/2DPS4)さえ守っていれば、このジョブがいないと攻略できない!というコンテンツがないのです。ただ、早期攻略時には「火力が足りないと時間切れ」ということが頻繁に起こります。

火力を出す方法は「自分が敵を攻撃することで発生する火力」と「支援アクションを使用してPTメンバーの火力を上げる」の2つです。後者は「シナジー」と呼ばれます。この2つの火力バランスはジョブによって異なり、2つを合わせて考えたときに釣り合いが取れるようバランス調整がされています。ですが、シナジーは他のジョブとシナジーとの相乗効果があるためバランス調整が難しく、結果としてシナジー効果の高いジョブがPTに多くいるほどPT全体の火力が上がる、という構図になっています。

ピュアDPSと呼ばれる黒魔導士・侍はシナジーをほとんど持っていないにもかかわらず、それを補える程の火力が備わっていないために、エンドコンテンツの早期攻略ではPTの候補から外れてしまうことが多いのです。
ここは今後のジョブバランス調整に期待をしたいところです。

プレイスタイルで選ぶ

敵の攻撃を楽に避けたい!


敵の攻撃を楽に避けたい人には「吟遊詩人」と「機工士」がおすすめです。
敵の攻撃には避けられる攻撃があり、主に攻撃の届かない範囲まで移動することで回避することができます。遠隔魔法DPSである黒魔導士や召喚士は移動中には詠唱ができないため、敵の攻撃を避けるためには攻撃を中断しないといけないことが多いです。また、タンクや近接物理DPSは敵から離れる必要があるときは攻撃ができなくなります。
「吟遊詩人」「機工士」は射程範囲内であれば遠くからでも攻撃ができ、移動をしながら攻撃することもできます。

圧倒的な火力で攻撃したい!


DPSロールではピュアDPSと呼ばれる「黒魔道士」・「侍」が、タンクロールでは「戦士」が高火力なので、高いダメージを出したい人にはおすすめです。
また、「モンク」「竜騎士」「召喚士」「赤魔道士」はピュアDPSほどではないものの、強力なダメージを出しつつ、PTメンバーを支援するアクションを使用することができます。
戦士に関しては「タンクの中では高火力」というだけなので、トータルダメージではさすがにDPSには敵いませんが、瞬発力ではDPSにも引けを取りません。

パーティメンバーを守りたい!


タンクが好きな人はPTメンバーを守りたい!という人も多いと思います。タンクの中でもPTメンバーを守ることに特化しているのは「ナイト」です。
指定したPTメンバーのダメージを肩代わりできる「かばう」、PTメンバー全体にバリアを張ることができる「ディヴァインヴェール」、緊急時に対象のHPを回復できる「クレメンシー」等、他のタンクジョブにはできないことが多いです。

ナイトは責任感が重い、という方は「学者」もおすすめです。
学者はPTメンバーに対して回復とバリア付与を同時に行うことができる「鼓舞激励の策」や、被ダメージを15%軽減する魔法障壁「野戦治療の陣」等、ダメージを軽減することに特化したヒーラーです。

パーティメンバーを支援したい!


PTメンバーへの支援能力が特に高いのは「吟遊詩人」「機工士」「占星術士」です。
「吟遊詩人」「機工士」はパーティメンバーのMPを回復させる「リフレシュ」、TPを回復させる「タクティシャン」、移動速度を上昇させる「プロトン」、そのほかPTメンバーの火力を底上げするアクションが多く揃っています。
「占星術士」はカードをドローすることで使用できるようになる「アルカナ」によるPTメンバーの支援ができます。支援の種類は6種類で、火力を上げたりMPを回復させたりと多岐に渡ります。スタンスの変更(非戦闘時のみ)により「バリアヒール」と「ピュアヒール」の切り替えで、戦況に合わせ臨機応変に立ち回ることができるのも魅力です。

他のジョブにはできないことがしたい!


ジョブには様々な個性がありますが、特に個性が強いのが「忍者」です。忍者はタンク以外で唯一、自分以外のプレイヤーの「敵対心(ヘイト)」に干渉することができます。
「影渡し」は一定時間、自身が稼いだ敵対心を指定したPTメンバーに渡すことができます。これをタンクに使用することで、敵からタンクへのターゲットを安定して固定することができます。
「煙玉」は指定したPTメンバーに発生する敵対心を、一定時間減らすことができます。白魔道士などのヒーラーは範囲回復ですさまじい敵対心が発生するため、タンクの敵対心を超えそうなときに煙玉を使用することで、ヒーラーが攻撃の対象になるのを防ぐことができます。



各ジョブの特徴


ジョブを選ぶポイントを紹介したところで、ここからは各ジョブの特徴を個別に解説します。

タンク

ナイト


ナイトは盾がある分、他のタンクロールと比較して素の防御力が高いです。ただし防御バフのリキャストが長いこと、サポートアクションが豊富なことから、PTではサブタンクとしての立ち回りを求められることが多いです。
ナイトのアクションはPTメンバーを守ることのできるものが多いです。ダメージを庇って肩代わりしたり、回復魔法を使用することもできます。ダメージを軽減するエリアを生成できる派手なアクションもあるので、PTメンバーを守りたいという方におススメなジョブです。

 

ナイトについては別の記事でも紹介していますので、良ければご覧ください。
ナイトの立ち回り・スキル回し解説
 

戦士


タンクロールの中では最も攻撃性能が高いです。斧を用いた豪快なアクションが特徴で、攻撃すると貯まるインナービーストゲージを消費して大ダメージを与えたり、強力な防御バフを使用することができます。
ナイトと比べるとPTメンバーへの支援性能は少ないものの、それを補って余りある火力を兼ね備えているので、タンクでありながら大ダメージを与えたいという方におすすめです。

暗黒騎士


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」のプレイ権を持っているとLv50から入場できるイシュガルドでジョブを取得することができます。

大剣を武器に弱きものを守るため生まれたジョブです。PTメンバーを支援できるアクションとして「ブラックナイト」を習得し、PTメンバー1名に対して強力なバリアを張ることができます。
MPと引き換えに使用可能な「ダークアーツ」は特定のアクションの効果を強化することができます。MP管理をしつつ状況に応じたアクションをダークアーツで強化する戦い方なので、テクニカルなプレイをしたい方におすすめなジョブです。

ヒーラー

白魔道士


瞬間的なヒール能力に特化したジョブです。ダメージを軽減するアクションは少ないものの、大ダメージに対して一気にHPを回復させることができるため、ピュアヒーラーと呼ばれます。
詠唱時間が不要なインスタンスアクションによる回復手段も豊富に揃っているため、ヒーラーに不慣れな方でも扱いやすいジョブです。

学者


瞬間的なヒール能力に特化した白魔道士に対して、学者はバリアを張ることでダメージを軽減することに特化しています。
また、ペットとしてフェアリーを召喚することができ、フェアリーは回復の補助はもちろん、PTメンバーへのバフや他のヒーラーにはできない範囲での状態異常回復ができます。
エーテルフローを使用することでMPが回復すると同時にフローがスタックします。このフローを消費することで使用できるアクションがあり、ダメージ軽減エリアの生成や緊急時用のインスタンスアクションによるヒールも可能です。
敵の攻撃に備えて事前にバリアを張る必要があるため、白魔道士と比べるとテクニカルな要素が求められるジョブです。

占星術師


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」のプレイ権を持っているとLv50から入場できるイシュガルドでジョブを取得することができます。

スタンスの切り替えをすることで、ピュアヒーラーとバリアヒーラーを切り替えて戦うことができます。
最大の特徴はカードによるPT支援です。カードには様々な効果があり、攻撃力・防御力の上昇やTP・MP回復等多岐に渡ります。
ヒーラーとしての性能は専門職である白魔道士と学者には劣るものの、ヒールが間に合わないようなことありません。ヒール性能が多少劣る代わりにカードによる強力なPT支援が可能なため、エンドコンテンツのタイムアタックでは必須となるジョブです。

DPS

モンク


圧倒的な手数で攻撃し、方向指定のあるアクションを成功させることでダメージをたたき出すジョブです。
コンボを繰り出すとバフ「疾風迅雷」が付与され、攻撃速度とダメージが上昇します。これを維持しつつ戦い、時には疾風迅雷を消費して強力な一撃を放つこともできます。
手数で圧倒して強力なダメージを出したい方におすすめです。

竜騎士


槍での攻撃に加え、FFの竜騎士の特徴でもある「ジャンプ」を繰り出して攻撃します。
高レベルになると「竜血」というバフを維持しつつ戦うことで、ジャンプのダメージを上昇させることができます。
PTメンバーにクリティカルを上昇させるバフや、敵の突属性耐性を下げることができるため、近接DPSの中では忍者に次いでPTシナジーが高いです。加えてモンクに迫る火力を出すことができ、自身も大きなダメージソースとなることができます。
ジャンプは敵の攻撃をかわすことはできませんが、宙を舞い華麗に立ち回りたい方におすすめです。


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、拡張ディスク「紅蓮のリベレーター」のプレイ権を持っているとLv50で受けられるジョブ取得クエストをクリアするとジョブを取得することができます。

PT支援能力はほとんどないものの、自身の火力は圧倒的に高くピュアDPSと呼ばれます。
コンボをつなげることで3種類の閃をスタックし、これを消費することで強力な剣技を繰り出すことができます。
強力な一撃を繰り出して大ダメージを与えたい方におすすめです。

忍者


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、リムサ・ロミンサの双剣士ギルドで忍者の下位クラスである双剣士を取得することができます。

忍者は特定の順番で印を結ぶことで忍術を使用することができます。
自身の火力は他のDPSより低いですが、強力なデバフ「だましうち」を習得し、PTメンバーの火力底上げに大きく貢献することができます。
また、「影渡し」「煙玉」によるPTメンバーのヘイトコントロールもでき、エンドコンテンツを攻略する上ではかならずPTに入れたいジョブです。
だましうちによるPT火力のサポートやヘイトコントロール等テクニカルな役割をこなしたい方におすすめです。

忍者の詳細についてはこちらの記事でも紹介しているので、よければ参考にしてください。
忍者のあれこれ

吟遊詩人


弓による遠隔攻撃であらゆる場所から敵に攻撃することができます。
歌によるPT支援が強力で、PT火力の底上げに大きく貢献することができます。
DoTによるダメージが主なダメージソースとなり、一撃のダメージは軽いものの継続してダメージを与え続けることができます。

機工士


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」のプレイ権を持っているとLv50から入場できるイシュガルドでジョブを取得することができます。

吟遊詩人と同じ遠隔物理DPSで、銃を用いた遠距離での攻撃が可能です。
機工士はペットとして魔導タレットを呼び出すことができ、タレットは敵にダメージを与える他、敵の被ダメージを上昇させるデバフを付与することもできます。
ペットであるタレットの操作が必要になるため、吟遊詩人よりもテクニカルな遠隔物理DPSです。

黒魔道士


強力な黒魔法で圧倒的な火力を誇ります。
ファイア系の魔法を使うと「アストラルファイア」、ブリザド系の魔法を使うと「アンブラルブリザード」が付与されます。
アストラルファイアはファイア系魔法のダメージを上昇させ、アンブラルブリザードは短時間で一気にMPを回復することができます。ファイア系の魔法でダメージを与え、MPが減ったらブリザド系の魔法に切り替えてMPを回復、これを繰り返して戦うためMPのリソースが実質無限にあるということになります。
移動が必要な場面ではエーテリアルステップ等の移動スキルを使うことでワープができるため、これを駆使していかに魔法を詠唱し続けるかが重要です。
侍と同様、強力な一撃を打ち放ちダメージを出したい方におすすめです。

赤魔道士


キャラクターメイク時点では選ぶことはできず、拡張ディスク「紅蓮のリベレーター」のプレイ権を持っているとLv50で受けられるジョブ取得クエストをクリアするとジョブを取得することができます。

白魔法と黒魔法の両方を使用することができるため、ヒーラーほどではないもののDPSでありながら回復をすることもできます。
魔法を唱えると次の魔法の詠唱がなくなる「連続魔」を駆使して戦います。
魔法を打つと、魔法の種類に応じて「ブラックマナ」「ホワイトマナ」が貯まります。このマナを消費することで強力な剣技を繰り出し、魔法剣士として戦うことができます。

召喚士


巴術士から派生する学者との分岐ジョブです。
ペットとして「エギ」と呼ばれる召喚獣を召喚することができます。召喚獣はダメージソースとなるほか、PTメンバーへの支援アクションを使用させることもできます。
召喚士本体は魔法により敵にDoTを付与して戦います。エーテルフローを消費すると同時に「バハムートフロー」がスタックし、条件を満たすと「バハムート」を呼び出して戦うことができます。
遠隔魔法DPSの中では範囲火力に秀でいますが、PTへの支援込みでは黒魔道士の火力にも勝るとも劣らない単体火力も有しています。
歴代の召喚士と比べるとペットであるエギが思ったよりも迫力がないですが、遠隔魔法DPSとしては非常に高いスペックを持っています。
バハムートの「アクモーン」はかなり派手なので、召喚士らしい一面も一応持ってはいます。
ペットの扱い面でテクニカル寄りではありますが、召喚獣を使役して戦いたい方にはおすすめです。

コメントを残す