スクウェア・エニックス最新作RPG 「オクトパストラベラー」をプレイ 感想・評価【switch】

―――旅立とう、きみだけの物語へ―――

スクウェア・エニックスより2018年7月13日に発売されたNintendoSwich用ゲーム「オクトパストラベラー」をプレイしたので、その感想やゲームのおすすめポイント、個人的評価を書きたいと思います。

ドット絵の進化系「HD-2D」が美しい

ドット絵、2Dというとファミコンのようなレトロなゲームのイメージだが、オクトパストラベラーでは2Dのドット絵に3DCG効果を加えた「HD-2D」でグラフィックを描いている。昔懐かしさを感じさせつつも、3DCG効果を合わせることによりオクトパストラベラーの幻想的な世界観を表現している。特に戦闘においては派手なエフェクトが発生する技も多くあり、戦闘の迫力・爽快感を演出している。

主人公は8人から選べる

ゲームを開始すると、8人の主人公から1人を選択し物語を開始する。選択しなかった主人公は物語を進める中で仲間にすることができ、すべての主人公の物語を追うことができる。ほかの主人公の物語はスキップすることも可能。

主人公は固有の「フィールドアクション」を使用することができる。「フィールドアクション」を使用することで、町の人々から情報を聞き出したり、アイテムの買い取り、果てには試合を挑むこともできる。

町の人々と戦うことができるのは、オルベリクの「試合」とハンイットの「けしかける」。よぼよぼのおじいさんに試合を挑むといったこともできてしまう。

豊富なサブストーリー

主人公たちの物語以外にも様々なストーリーが用意されている。例えば町の人々に対して、主人公サイラスの「探る」またはアーフェンの「聞き出す」を使用すると、その人の年齢や生い立ち、困っていること等様々な情報を得ることができる。町の人同士の関係性を知ることができたり、困っている人を助けることでお礼として報酬を得られることもある。他にも、嫌がる女性に付きまとう暴漢に試合を挑んで撃退する等、サブストーリーを進める上でも主人公のフィールドコマンドは重要な役割を持っている。

主人公同士の会話:パーティチャット

物語を進めていると、画面の右上に「パーティチャット」のサブコマンドが現れることがある。このときにコントローラの「+ボタン」を押すと、その物語の主人公とパーティに参加している主人公の会話を見ることができる。ここでは主人公毎の個性が垣間見えたり、クスッとくる掛け合いを披露してくれ、物語により一層の厚みを持たせてくれる。
一部のゲーム評価では「主人公がパーティに合流する際のやり取りがほとんどなく、不自然だ」と言われている。しかし、このパーティチャットでは主人公同士の関係性が見えてくるので、その欠点をある程度カバーしてくれていると感じた。

「バトルジョブ」を選択

物語を進めると、主人公に好きなバトルジョブを割り当てることができる。元々主人公たちは戦闘においても固有の技を使用するが、バトルジョブを割り当てることでバトルジョブ固有の技も使えるようになる。これにより自分の好みに合わせたキャラクター育成をすることができるようになるため、戦闘の幅が大きく広がる。

 


 

スクウェア・エニックスはこれまで多くのRPGを世に送り出してきましたが、本作はこれまでのどのRPGとも違うと感じました。世界観のテイストはもちろん、バトルシステムへのこだわりも随所にみられるので、スクウェア・エニックスのRPGが好きな方には非常におすすめできる作品です。

コメントを残す